つみたてNISA

つみたてNISAのメリットデメリット

給料は上がらないのに、商品の値段や消費税は上がり、だんだんと将来への不安感が増してきている日本。

精一杯の努力で貯蓄をしても、老後に必要とされる2000万円へは程遠く・・・。

そんなあなたには、自身の労働力だけではなく、月々貯蓄したお金にも働いてもらおう!という考え方がおすすめです。

ここでは、長期の資産運用を有利にすすめるための制度「つみたてNISA」を紹介します。

つみたてNISAって何?

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

たぴ

投資初心者が戸惑いがちな2つの要素、投資対象の選定、売買タイミングの負担が軽減されるように作られているところがポイントです。

ひよ彦

投資と聞くと、短期トレードで売買益を稼ぐイメージが強いけど、日本政府はつみたてNISAを通して長期の資産運用を推奨しているんだね。

つみたてNISAのメリット

利益が非課税

つみたてNISAでは毎年40万円分の投資信託を購入できます。

投資信託は購入年度を含めて20年間運用され、得ることのできた利益が全て非課税になります。

例えば、2020年に購入した投資信託は2039年まで非課税。2021年度の40万円は2040年まで非課税、2022年度は2041年まで非課税…。

というように階段状に非課税期間が得られます。

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金をまとめて、資産運用の専門家「ファンドマネージャー」が運用する金融商品のことです。

つみたてNISAの対象商品は、無数の企業の株式や、各国の債券に分散されていますので、経営破綻やアルゼンチンの様なデフォルト(債務不履行)のリスクは限りなく抑えられています。

100円から始められる

つみたてNISAの対象の投資信託は100円から購入できます。

買いたい金額指定で購入できるのが重要なポイントです。

2万円買いたいと思ったら2万円分ぴったり購入できます。

これがもし株ならば、金額は株の値段に左右されますから、運用したい金額で積み立てられるのはつみたてNISAのメリットと言えますね。

ほったらかし投資(自動積立設定)

つみたてNISAは、名前の通り「つみたて」を想定した制度です。

毎月の積立設定を行うだけで、毎月決まった買い付けを実行してくれます。

投資初心者に有りがちな、買うタイミングを迷って結局買えないなんてことは無いんです。

ひよ彦

投資信託が値上がりしている時は少なく買い、安い時はたくさん買える!

たぴ

長期の積立買付で購入価格は平均化されていくから安心ですね。

ドルコスト平均法という手法なんです。

長期投資の複利の力

通常、株式の場合は配当金を受け取ることができますが、つみたてNISAの投資信託は配当金を内部で再投資してくれます。

翌年は配当金を含んで大きくなった元本に比例した配当金が出ますから、価値の上昇が雪だるまのように加速していくんですね。

複利を効果的に得るには長い期間資産運用を行う事が最も大切です。

40歳から始める人よりも20歳からはじめる人の方が成功しやすく、利益の幅も大きいものになります。

いざと言う時はすぐに売却できる

つみたてNISAは資金拘束されません。

推奨はされませんが、もしもの時は思い切って売却し、現金にすることができます。

売却した場合は元本分の非課税枠は消失しますが、現金が必要な場合は頼りになりますね。

つみたてNISAのデメリット

元本割れの可能性がある

投資信託は十分に分散され、長期投資におけるリスクは限定的ですが、リスク資産には違いありません。

始めてから数年間は一時的な元本割れを度々繰り返すことになります。

元本割れは運用期間が伸びてくれば次第に減ってきますので、こういうものだと割り切りましょう。

買える商品が決まっている

つみたてNISAは政府金融庁の厳しい基準にクリアした消費者に優しい商品群で構成されています。

これはメリットにもデメリットにもなりますが、金融庁にて選別した長期積立に適した商品に限られていますので、買う銘柄に悩みにくい仕組みになっています。

逆手に取ると、買いたい銘柄がある場合にはつみたてNISAの対象商品かを確認する必要がありますので気を付けましょう。

非課税枠に上限がある

つみたてNISAは毎年40万円という上限があります。

40万円以上を投資に当てたい場合は、つみたてNISA以外の口座を用意する必要が出てきます。

また、年間120万円までが非課税となる、通常のNISAという制度もありますので、入金できる金額で選択すると良いでしょう。

タイミングを図った一括投資ができない

前述の通り、つみたてを想定された仕組みですので、安い時にたくさん買う、ということがやり辛くなっています。

ひとつ裏技的な方法として、証券会社によっては賞与での投資枠を作れますから、この枠を使用した買い増し程度は可能です。

タイミングを見て投資をしたい場合は通常のNISAの方が適しています。

たぴ

賞与の買い増しには数日前に設定しておく必要があります。※SBI証券

制度が変更される可能性がある

つみたてNISAは国の制度で成り立っています。

国の制度はしばしば見直しを行うこともありますよね。

例えば、現状では40万円を20年間で800万の運用枠が与えられていますが、2024年からは25年間に延長する方針が公表されています。

このようにポジティブな変更ならば良いのですが、今後は改悪される可能性もあると思っておきましょう。

たぴ

「可能性がある」程度に認識しておけば良いと思います。

つみたてNISAが向いている人は?

つみたてNISAのメリットとデメリットを紹介してきました。

では実際につみたてNISAを始めるべき人はどんな人でしょうか。

投資を始めたい方で次の項目に当てはまるようであれば、他の制度や金融商品を選ぶよりもつみたてNISAが適切です。

向いてる人① 投資初心者や経験が浅い人

投資経験が浅い方は貯蓄の延長の感覚で毎月定額をつみたてNISAに入金していきましょう。

投資経験を問うような銘柄選定やタイミング投資は必要ありません。

優良銘柄の選定は金融庁が選出済みです。

その中からどれを選んだとしても、過去には良く耳にした「悪徳投信」には当たりません。

安心して好みのものを選ぶことができます。

買い付けについても同様にトレーダーのように難しいチャートを読む必要はありません。

積立設定を行い、ドルコスト均等法によって買い付けられるため、毎月ソコソコのタイミングで買ったことと同じになっていきます。

非常に初心者に優しいシステムになっています。

向いてる人② まとまった資金がない人

まとまった資金がなく、投資の頭金が用意できないという方もいらっしゃると思います。

しかし、つみたてNISAにはまとまった資金は必要ありません。

つみたてNISAを始めてから毎月の積立額を用意するだけです。

向いてる人③ 資金を引き出せる状態にしておきたい人

「長期的な資産形成は行いたいけど、貯蓄型保険や確定拠出年金のように資金を引き出せなくなるのは嫌。」

とても現実的な意見です。

もちろんつみたてNISAは資金を引き出すことができます。

ただし、引き出してしまった場合、引き出した額に対する非課税枠は効力を発揮し終了してしまうというデメリットを理解しておく必要があります。

基本的には現金が必要な場合は銀行預金や他の資産から引き出すようにし、つみたてNISAは資産形成に集中する口座と考えましょう。

しかし、もしもの時には躊躇なく引き出す事が可能な頼れる口座となります。

人生は何が起こるか誰にもわかりませんから、柔軟な資金の振り回しが可能なつみたてNISAはおすすめです。

投資経験がなくても簡単に挑戦できる「つみたてNISA」で将来の資産を作りましょう

安定した資産を作るためには「長期・分散・積立」が不可欠

投資の知識よりも重要なことは「若い時から始める」ことです。

若い時に始めることで、より長い期間の複利を得る事ができるんです。

これまで述べてきたように長期投資においては知識の差はリターンの差に直結しません。

知識の差を補ってくれるのがつみたてNISAであり、投資初心者こそ始めるべき制度ということになりますね。

実際に使ってみた感想

最後に私が実際に運用しているSBI証券のつみたてNISA口座を紹介します。

2018年1月にスタートしたつみたてNISA制度ですが、私はスタート時点から運用し始めました。

投資対象は米国市場95%と新興市場5%に設定。

たぴ

楽天全米株式とeMAXIS Slim米国株式はどっちも好みだったから(笑)

2020年7月時点で2年半運用し、約100万円の入金と9万円の含み益を得ています。

コロナショック時には一時的にマイナスリターンになりましたが、ものの数ヶ月でプラスへ転換しました。

値下がり時も諦めて売却しない事が非常に重要

制度を目一杯に活用するならば20年後に利益になっていれば良いのですから、値下がり時に利益が出ている必要は無いんです。

諦める必要がないほどリスク分散されていることを忘れない事が大切ですね。

私は今後もつみたてNISAを継続します。

皆さんも投資に興味がある方や、将来の財産が不安な方は活用してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング
にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援クリックお願いします(^^)
とても励みになります⭐︎