未分類

SBI証券コロナ禍後のIPO再開

こんにちは、たぴです。

しばらくスケジュールがなかったIPO市場ですが、SBI証券でのエントリーが6/8から再開されています。

そこで、コロナ禍の真っ只中でのIPO市場がどの様になっていたかと、今後の見通しを書いてみたいと思います。

コロナ禍でのIPO市場の様子

新型コロナウイルスが株式市場に与えた衝撃の影響で3月~5月まで予めスケジュールされていたIPO銘柄は軒並み上場中止をし、上場機会を改めることになりました。

中には上場を続行する企業もあり、大多数は初値が公開価格を下回りましたが、一部の優良銘柄は状況に負けることなく+100%以上の初値を出していました。

また、IPOから資金を引き出してしまう投資家も多かったようですが、閑散としたIPO市場の中で私はエントリーを続けました。

閑散としたIPO チャレンジポイント狙いのエントリー

やはりエントリー人数が減ると当選するものですね!

数銘柄で当選と補欠当選がありました。

私のエントリーの目的はSBIチャレンジポイントの取得だったことと、閑散期にむざむざリスクを犯すこともないと思っていたので、当選は辞退しました。

後から調べると、十分な利益を上げられた銘柄もあったようです。

ま、あんまり気にはしていません。

むしろ半端に当選してしまったがためにチャレンジポイントがもらえないことがショックです。

SBI証券でエントリーすると良くこういう事があります。

チャレンジポイント狙いにかぎって当選するんですよね(笑

また、中途半端な補欠当選も困ります。

どうせ本当選はできないのに落選か当選か決まるまでは資金拘束が長引くのです。

資金が拘束されるって特に使う予定がなくても気分は良くないですよね。

脱線しましたが、コロナ中のIPO当選は全て辞退しました。

今後のIPO市場は活況

IPO市場はまた賑わうのではと予想しています。

仮想通貨の記事でも書きましたが、財政出動により経済も無理矢理回しているのが今の状況です。

お金が世間にばら撒かれたのですから、IPO市場にも大きな資金流入があると考えられます。

事実、日経平均が23000円を超え、株式市場に資金が戻ってきているのが証拠です。

IPOを始めるなら今がチャンス

正直なところ、お金が流入するということは当選確率は今までよりも厳しくなるかもしれません。

しかし、当選したときの初値の上昇率はかなりバブリーな価格が付くと思います。

強力な銘柄ほど、その傾向が強くなると思っています。

SBI証券なら6月は6件のエントリー銘柄があります。

証券口座をお持ちの方は、当たるかわかりませんが、当たらないつもりで、宝くじのようなつもりで、皆さんもエントリーしてみてはいかがでしょうか?

ブログランキング
にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援クリックお願いします(^^)
とても励みになります⭐︎