節約

【おすすめレビュー】楽天モバイルを使って分かった良い点悪い点と向いてる人【評価】

検討中の人

スマホの料金プランが安くなったので見直しを検討中です。楽天モバイルが気になっているけど、新しい会社なので評価ができません。私に向いているか教えてください。

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 筆者が楽天モバイルを使ってみた感想
  • 楽天モバイルの良いところ
  • 楽天モバイルのイマイチなところ
  • 楽天モバイルにすべき人はこんな人

\今なら3ヶ月無料、解約も無料!お試しはこちら/

【レビュー】楽天モバイルを使ってみて分かった感想

2021年4月から新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に刷新されました。

「使った分だけを支払う」段階的な料金設定の新プラン。

利用者にとっては「難しいプラン選択」を避け、自動で最適な料金になりますから、利用者からの評判も好調です。

そんな楽天モバイルを一年使用してみた筆者の感想をお届けします。

初めは半信半疑でセカンド回線として試したのですが・・・

  • 全然普通に繋がる
  • 速度も全く問題なし
  • 通話無料アプリが地味に嬉しい
  • my楽天モバイルのアプリで使用状況を掴みやすい

全然普通に繋がる

地方は都心よりも電波塔の設置が遅いものですが、筆者のiPhone11(地方住み)でも楽々で電波をキャッチしています。

楽天モバイルでは現在のところ、楽天のアンテナとauのアンテナをハイブリッドで使用しているんです。

この事実、知らない人の方が多いのではないでしょうか。

楽天の電波の隙間をauが補う形を実現。

そりゃ、つながりますよね。

速度も全く問題なし

ドコモ、au、ソフトバンクと同じ位の速度が出ています。

使っていて不便は感じません。

当たり前に生活に溶け込む・・・。

そんな印象を持ちました。

通話無料アプリが地味に嬉しい

RakutenLinkというアプリで電話を掛ければ通話料無料です。

※一部無料とならない番号もあります。0570など

筆者は基本的に通話の大部分はLINEを使用します。

しかし、店舗の予約など固定電話に掛けなければならないシーンが時々訪れます。

そんな時にRakutenLinkはお財布に優しいアプリとなります。

また、RakutenLinkの優れた点は、電話着信やSMSの送受信もできる点です。

電話アプリとメッセージアプリの機能を合わせたようなもの。

似たようなアプリを幾つも並べておく必要が無く、スマホの画面がスッキリします。

my楽天モバイルのアプリで使用状況を掴みやすい

価格設定が段階的という点もあり、今いくらなのか?がわかりやすいです。

月の下旬には、ちょっと節約して安く収めちゃお!なんて考えたりできます。

(料金を安く抑えるモードが用意されている訳ではありません。)

楽天モバイルの良いところ

レビューでは良いところを力説しましたが、楽天モバイルにはまだまだ良い点があります。

  • 値段が安い!
  • 楽天市場でポイント+1%

値段が安い!

公式サイトより抜粋

どれだけ使っても2,980円!

大手3キャリアでは無制限プランは存在しませんから、大きな目玉の一つです。

しかしながら、多くのユーザーはそんなにたくさんの通信をしません。

楽天モバイルの本当の目玉は、

ヘビーユーザーでも「20GBまで1,980円」の人が多い

充実したWiFi環境や、お年寄りなど回線の使用が限られる人なら「0円か980円」

という安さにあります。

ほとんどのユーザーは20GBなんて使用していません。

0円、980円、1,980円、3つの料金帯が主流と言えます。

楽天モバイルなら「まぁMAXでも1,980円かな」と考えて大丈夫です。

楽天市場でポイント+1%

楽天モバイルに加入しているだけで、楽天市場でのお買い物で+1%のポイントが追加されます。

androidユーザなら、「楽天モバイルキャリア決済」でさらに+0.5%のポイントが追加されます。

これも地味に嬉しい特典ですね。

楽天モバイルのイマイチなところ

楽天モバイルのイマイチな点も押さえておきたいです。

  • 地下鉄で繋がり難い場所もある
  • 地方での大量通信に向かない

地下鉄で繋がりにくい場所もある

携帯電波にはプラチナバンドという、障害物につよい周波数帯があります。

楽天モバイルは後発ブランドのため、これらをごく一部しか保有していません。

地下鉄や大きな建物の中央付近で繋がりにくいことがある」と覚えておきましょう。

地方での大量通信には向かない

楽天エリアは高速通信が無制限ですが、auエリアでは5GBを上限に1Mbpsという速度に制限が掛かります。地方で毎月5GBを大きく超える使い方をする人にはおすすめできません。

ただし、楽天エリアは日々拡大していますから、今後は地方も大量通信ができるようになるでしょう。

  • 楽天エリア(都心エリア):ライトからヘビーユーザーまで良し
  • auエリア(地方エリア):5GB程度の利用に限りおすすめ

まとめ:楽天モバイルアンリミットがおすすめな人

楽天モバイルのレビューとともに良いところイマイチなところを紹介し、おすすめできる利用環境、おすすめできない環境を挙げました。

楽天モバイルアンリミットに向いてる人

  • 携帯料金を安くしたい方
  • 通話の利用が多い方
  • 都心:地下鉄の利用が少ない方
  • 地方:1ヶ月の利用が5GB以下の方
  • 楽天市場でよく買い物をする方

どれかに該当する場合は楽天モバイルをおすすめします。

ことわざ「百聞は一見に如かず 百見は一考に如かず 百考は一行に如かず」

最終的には自分の環境で使ってみないと本当のところは分からないですよね。

今なら3ヶ月無料でお試しできるキャンペーン中です。

ちなみにiPhoneのXR、XS、11、12(Pro含む)であればeSIM契約をおすすめします。今の通信キャリアを維持したまま、2つめのキャリアとして楽天モバイルが追加できます。デメリット無しで試せるチャンスです。

興味があればこのチャンスを活かしてみてはいかがでしょうか。

\今なら3ヶ月無料、解約も無料!お試しはこちら/

ブログランキング
にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援クリックお願いします(^^)
とても励みになります⭐︎